フィルターの「お買い物」ならココがおすすめ 2017年度 エーハイムクラシックを比較に比較し「厳選」した1つの商品~!

前は3980円で購入したけど、今回は2999円で購入できたので満足しました♪ランラン♪(* `┗▽┛´*)人(>_<*) ランラン♪最近の外部フィルターは上蓋に吸水、排水栓が着いていますが、特に便利だとは思わない、新型よりもクラシックタイプの方がフィルターとして理想的です♪他にエココンフォート2台使ってますが、どうみても2213の方が耐久性は上ですね!テトラのEXパワーフィルターと散々迷った挙句やはり定番ということでエーハイムにしました。ろ材固定盤が無くなって濾材コンテナが付属されたんですね。結構水浸しにしちゃいましたwだからこちらで購入したんだけど!この商品はいいですね!以前にも大きいのを買ったんだけど手間はかかってもやはり便利です!今までは!上部フィルターを使ってましたが!臭いとか汚れとかの手入れが面倒でついつい先延ばししてしまって!良い環境での飼育では無かったのですが!エーハイムに変えてからは!手入れが楽になりましたね。

コレです!

2017年01月16日 ランキング上位商品↑

エーハイム クラシック フィルターエーハイム クラシックフィルター 2213 水槽用外部フィルター 関東当日便

詳しくはこちら
 b y 楽 天

初めて稼働する際の呼び水の説明はきちんと読んでおいた方がいいです。。リピーターです。エーハイム社では、トルクの太い「周波数同期型単相誘導電動機」搭載のフィルターのみに、サブフィルターの接続を勧めています。シンプルですごく使いやすく頑丈!定番です!パーツの交換などしなくても普通に10年は使えます。立ち上げ時のソイル濁りもあっという間に取れてました。2213本体!5台目です。私自身確認しましたが!クラッシックシリーズはトルクが太いのです。濾過能力も凄そうです。コンテナを外した方が良いのかな?呼び水はボタンなんてなくても簡単です。★以下引用★クラシックと500は内蔵されているモーターが違います。エーハイム500はモーター特性からサブフィルターのドライバーには向きません。何の心配もいりませんでした。反面!スラッジにより通水抵抗が増えても!消費電力と発熱量は!ほぼ一定です。エーハイムの外部フィルターはやはりの安心感!買って良かったです!2215を海水魚で数年使用後!部品を交換して庭の金魚の水流作りにと10年以上使用していましたが!そろそろ部品交換の時期かな?と部品を探していたところ!部品を買うより2213の方が安かったので!買い替えることにしました。年々円安などで変動はありますが、数十年前から比べたら随分と安くなりました。クラシックフィルターに使用されているのが「周波数同期型単相誘導電動機」。この理由は、上記モーターの特性によるものです。安いなりに色々オミットされているのでしょうが!最大の違いはモーターの特性のようです。流出パイプ分岐・穴加工で良い感じです。つけられないことはありませんが!安定性を重視するならクラッシックをオススメします。一般のフィルターに使われるモーターは「周波数同期型単相誘導電動機」と「電圧制御型誘導電動機」の2種類です。 今までロカボーイが水槽の中で場所をとってたので広々として良いです!60cm水槽用に購入でかい!稼働させてみると、なるほど、その大きさに見合った流水量。扇風機などと基本的な構造は同じ!単純な構造の一般的なモーターです。クラッシック!エコシリーズ!500の選択で!なぜ500は安いのか?と怪訝に思われている方多いのではないかと思います。かなりの静かさにびっくりです。セールで3,999円!会社の子が水槽を立ち上げたので値段を知らせてあげると即答。ろ材付で同値段で出ていたのでそれを狙っていたのですが、なかなか出なかったので、ろ材なしバージョンで安く出ていたので購入してみました。濾材は現在使用しているものをそのまま使用予定なのでコンテナは使用せず予備に保管しておきます。濾過容積は3リットルとなっていますがコンテナ式になっているのでろ材は2リットルしか入りませんでした。★引用ココまで★要はサブフィルターつけるならクラッシックがお勧めということです。インペラー交換部品ももっと安ければいいんですがねー。500と迷いましたが!2213と分解性能チェックされた方のホームページを観て!中国製でコストダウン仕様の500より2213の評価が高いので決めました。特徴は!回転数は電源周波数に同期し!極めて回転トルクの太いモーターで!高い工作精度を求められます。とてもよい商品で静かですが、たまにはずれがあり、インペラー不良でうるさいこともあります。清掃後の水の循環が少しやりにくい?(慣れれば簡単ですけど)上部より変更しました。違いを「x530氏」の記載から引用させていただきます。我が家でのエーハイムを全て見ているので品質・静かさ・パーツの豊富さが判っているようです。マニュアルが適当なのとホースの取り回しがあまり良くないのが気になりますが性能は良さそうです。取水口やホース、濾過器内にスラッジが溜まり通水性が損なわれても、ギリギリまで水量が落ちないメリットがあります。水の流れが結構強いので、流れを嫌う生体を購入する場合は、専用パーツや設置する際の排水口の向きなどを工夫する必要が出てくるかもしれません。トルクが細く、取水口やホース、濾過器内にスラッジが溜まり通水性が損なわれると、通水性に比例して水量が減少する欠点があります。飼育水が口に入ったなんて・・・信じられない。コンテナは廃棄物!?自作底鉢で容量アップです。排水パイプの口を水槽の水面より高くして軽く吸うだけで簡単にできます。動作音も静かで良好です。500やエコシリーズに使用されているのが「電圧制御型誘導電動機」。WEBで解りやすく解説されている方がいらっしゃったのでURLを貼り付けたいところですが、レビューの仕様上出来ないようです。今回は粗目マット・ウールマットのセットなので水槽が落ち着いたら!我が家にあるメックとサブストをあげようと思います。5345円で購入しました。反面!スラッジにより通水抵抗が増えると!消費電力と発熱量が増大する欠点もあります。電圧の高低により回転数が変わるタイプのモーターです。エーハイム500+サブフィルターの組み合わせでは、長期的な安定動作に支障をきたす危険性があり、すなわち水槽内の魚たちへの影響も気になります。多少!値段が高くても生体のためにサブフィルターのドライバーは2215フィルターをオススメします。